環境への影響を配慮|ISO27001による最適な情報管理|信頼に関わる様々な企画

ISO27001による最適な情報管理|信頼に関わる様々な企画

環境への影響を配慮

PCを操作する女性

ISOというのは、国際取引における基準を定めた国際規格のことを指します。その国際規格の一つとして、環境問題に関するものが存在するのです。近年では、企業活動における環境への影響が問題視されるようになり、企業が環境保全に貢献しているかどうかが重要になりました。環境問題に関する国際規格というのは「ISO14001」と呼ばれるもので、企業が環境問題に貢献していることを証明する指標となる国際規格です。ただし、ISO14001で言う環境貢献というのは、企業活動において発生した廃棄物・汚物を正しく処分しているといった内容のものでは無く、企業活動によって環境に悪影響を及ぼさないための仕組みを作っていることを証明する指標なのです。その証明は、社会的信頼に大きく影響するでしょう。

ISO14001を認定・取得を受けると、環境保全活動を継続的に取り組むことになります。その時には、環境に悪影響を及ぼさないことは勿論として、企業の経営に悪影響を与えないようにすることも大切です。例えば、廃棄物処理や過度の省エネ活動を行なうと、企業の経営は厳しいものとなってしまいます。ISO14001の認定・取得を受けた際には、最初に企業活動によって環境に対してどういった影響を与えているのかを洗い出すことが大切です。それにより、企業の経営に悪影響を及ぼさないものから順に改善していくことができるでしょう。