ISO27001による最適な情報管理|信頼に関わる様々な企画

環境への影響を配慮

PCを操作する女性

環境問題というのは、解決すべき問題です。ISO14001の認定・取得を受けることによって、地域に対する環境影響を及ぼさないような企業活動の仕組みを作ることができるでしょう。

View Detail

徹底した品質管理

IT

JISQ9100というのは、ISO9001に対して航空宇宙産業における品質マネジメントシステムに必要な要件事項を追加したもので、航空宇宙産業に関連する全ての企業にとって必須とされる国際規格となっています。

View Detail

審査のポイント

パソコン

ISO9001の認定・取得を受ける際の審査のポイントというのは、「マネジメントシステムの有効性」「プロセス」「現場での運用」の3つです。その3つポイントが満たされていれば、より効果的な品質マネジメントシステムを作成することができるでしょう。

View Detail

信頼できる企業

システム

企業間におけるビジネスにおいて、信頼関係というのは特に大切なポイントです。ビジネス的な信頼関係を築くための要素は様々で、その中でも特の需要な要素として情報管理が挙げられます。もし、取引先の企業が重要な情報を紛失・漏洩してしまった場合には、その企業を信頼することはできなくなるでしょう。逆に、情報管理を徹底している企業であれば、安心してビジネスを行なうことができます。企業において、情報管理を徹底していることを証明するための指標が欲しいと考えるのであれば、ISO27001の認定・取得が最適です。ISO27001は情報セキュリティに関する国際取引基準(国際規格)のことで、特にIT業界では必須と言っても良いISO規格です。この認定・取得を受けているかどうかで、企業間における信頼関係は大きく変わります。数多く存在する企業の中には、ISO27001を認定・取得を受けていることが取引条件であるといった企業も存在するのです。

ISO27001による情報セキュリティマネジメントシステムでは、PDCAサイクルに沿った適切なセキュリティルールを策定します。PDCAサイクルというのは、Plan・Do・Check・Actionの四つから構成されているサイクルのことで、Planは情報セキュリティ対策の具体的な計画・目標の策定にあたります。Doは策定した計画に基づいた対策を実施・運用することで、Checkは計画を実施した結果の点検・監視のことを指すのです。Actionについては、経営陣による見直し、システム改善になります。そのサイクルに沿った情報セキュリティマネジメントシステムによって、「機密性」「完全性」「可用性」を満たした情報管理を行なうことができるようになるのです。ISO27001と類似した規格として、プライバシーマークが挙げられます。ただし、プライバシーマークは個人情報管理における規格ですので、その違いをしっかりと理解した上でISO27001またはプライバシーマークの認定・取得を受けることをお勧めします。